Puppet Enterprise (PE)は、ITインフラ管理の生産性と俊敏性を向上し、スムーズな共同作業を可能にします。 PEでは、モデルドリブンのアプローチと命令型のタスク実行を組み合わせて、ハイブリッドのインフラをライフサイクル全体を通して管理することができます。 PEを利用すると、IT組織の全チームに通じる共通言語ができることで、バージョン管理、コードレビュー、自動テスト、継続的インテグレーション、自動デプロイなど、新たな手法の導入がうまくいくようになります。

役立つPuppet Enterpriseマニュアルへのリンク その他の役立つリンク
アップグレードまたはインストールを始める前に
リリースノート - 新機能、廃止された機能、解決された問題。
システム要件 - ハードウェア、ソフトウェア、ブラウザの要件。
システム構成 - ネットワーク、ファイアウォール、ポートをセットアップする。
インストールされる要素とその場所
PEの管理とメンテナンス
PEの設定とチューニング - パフォーマンスを向上し、スケールを拡大する。
ユーザのパーミッションとロール - ロールベースのアクセス制御によってアクセスを管理する。
SSLと証明書 - セキュリティ証明書を管理、再作成する。
PEのバックアップと復元 - ワーストケースシナリオからの復旧に備える。
基本を学ぶ
Linux向けWindows向けの導入ガイド - PEのインストール方法と基本的な操作方法を説明する。
コンソールへのアクセス - コンソールにあるPEの管理ツールについて知る。
インフラの検査 - PEが把握しているインフラ情報を確認する。
ITインフラの管理
ノードの管理 - 分類、グループ、環境を使用してインフラに変更を加える。
ロールとプロファイル - 信頼性に優れ、設定変更可能、リファクタリング可能なインフラシステムを構築する。
アプリケーションのオーケストレーション - マルチサービス、マルチノードのアプリケーションを作成、管理する。
ジョブとタスクの実行 - オンデマンドの変更を制御された方法で実行する。
Puppetコードの管理とデプロイ - コードマネージャを使用して、環境やモジュールにコード変更をステージ、保存、同期する。
他の言語で書かれたPEマニュアル
英語
オープンソースプロジェクト
Puppet
Bolt
Puppet開発キット
PEが選ばれる理由と使い方
Puppet Enterpriseに関する最近のブログ記事を読む
PEの製品情報を知る
Puppet Enterpriseをダウンロードし、10ノードまで無償で試用する
PEPuppetを学ぶ
VM上で自分のペースで学ぶ
トレーニングロードマップに基づいてスキル向上計画を立てる
オンラインの対面クラスまたは自分のペースで学習できるクラスを探す
認定を受ける
サポートの利用
サポートポータルとナレッジベースを検索する
サポートされているPEのバージョンと期間を確認する
サポートプランをアップグレードする
共有と貢献
Puppetコミュニティに関わる
Puppet Forge - 使用可能なモジュールを検索し、作成したモジュールでコミュニティに貢献する
Github上のPuppetからのオープンソースプロジェクト

ご意見をお寄せいただく場合や、マニュアルの誤りのご指摘については、チケットを出す(要Jiraアカウント)か、マニュアルチーム宛にEメールをお送りください

Back to top