Puppet Enterpriseを使用すると、マシンとマシン上で稼働するソフトウェアのプロビジョニング、設定、継続的な管理を簡単に自動化できます。物理マシンか仮想マシンか、オンプレミスかクラウドかを問わず、繰り返し可能な変更を迅速に行い、システムとデバイス間の整合性を確保することができます。

  • サイクル時間の短縮と、デプロイ可能なソフトウェア数の増加
  • 迅速な反復変更
  • 1回の定義で、設定を多数のマシンに適用
  • 設定のずれを自動的に修正
  • ハードウェア設定とソフトウェア設定を詳細に把握

必要な情報が見つからない場合は、 左側にあるナビゲーションからトピックを検索してください。

Puppet Enterpriseをまだ使用しておらず、評価をご希望になる場合、10台まで無料で使用できるライセンス付きのPuppet Enterpriseをダウンロードして、[*nix向けまたはWindows向けのPuppet Enterpriseをはじめましょう]を参照してください。 小規模な概念実証用デプロイの作成を通じて、Puppet Enterpriseの中心的な機能およびワークフローを紹介しています。

Puppet Enterpriseは最大10台のノードまで無料でご利用になれ、ライセンスキーは必要ありません。

左側のナビゲーションを使用して、オンラインマニュアルを調べます。 Puppet Enterpriseの最新バージョンで、新しい機能、修正、および更新のリリースノートをチェックします。 すべての要素が一緒に動作してインフラ設定を管理する方法を確認するには、[Puppet Enterpriseをはじめましょう]を参照してください。

Back to top