Puppet Enterprise 2017.2

PostgreSQLデータベースを提供するための要件はありませんが、 (PEがインストールおよび管理するインスタンスではなく) 独自のPostgreSQLのインスタンスを使用する場合は、以下の注記を参照してください。 外部PostgreSQLインスタンスはバージョン9.4を使用する必要があります。

注意: pe.confパラメータリファレンスには、外部PostgreSQLインスタンスを用いたインストールまたはアップグレードを実行する際に追加する必要のあるパラメータが記載されています。

Puppet EnterpriseとPostgreSQLデータベースのSSLを正しく設定するために必要なその他の手順については、「Enabling SSL for PE and external PostgreSQL(PEと外部PostgreSQLのSSL有効化)」を参照してください。

  1. インストールの前に、RBAC、アクティビティサービス、ノード分類子のデータベースを作成する必要があります。 データベースを作成するためのSQLコマンドは、おおむね以下のとおりです。

    CREATE TABLESPACE "pe-orchestrator" LOCATION '/opt/puppetlabs/server/data/postgresql/orchestrator';
    CREATE USER "pe-orchestrator" PASSWORD 'password';
    CREATE DATABASE "pe-orchestrator" OWNER "pe-orchestrator" TABLESPACE "pe-orchestrator" ENCODING 'utf8' LC_CTYPE 'en_US.utf8' LC_COLLATE 'en_US.utf8' template template0;
       
    CREATE TABLESPACE "pe-puppetdb" LOCATION '/opt/puppetlabs/server/data/postgresql/puppetdb';
    CREATE USER "pe-puppetdb" PASSWORD 'password';
    CREATE DATABASE "pe-puppetdb" OWNER "pe-puppetdb" TABLESPACE "pe-puppetdb" ENCODING 'utf8' LC_CTYPE 'en_US.utf8' LC_COLLATE 'en_US.utf8' template template0;
    
    CREATE TABLESPACE "pe-activity" LOCATION '/opt/puppetlabs/server/data/postgresql/activity';
    CREATE USER "pe-activity" PASSWORD 'password';
    CREATE DATABASE "pe-activity" OWNER "pe-activity" TABLESPACE "pe-activity" ENCODING 'utf8' LC_CTYPE 'en_US.utf8' LC_COLLATE 'en_US.utf8' template template0;
    
    CREATE TABLESPACE "pe-classifier" LOCATION '/opt/puppetlabs/server/data/postgresql/classifier';
    CREATE USER "pe-classifier" PASSWORD 'password';
    CREATE DATABASE "pe-classifier" OWNER "pe-classifier" TABLESPACE "pe-classifier" ENCODING 'utf8' LC_CTYPE 'en_US.utf8' LC_COLLATE 'en_US.utf8' template template0;
    
    CREATE TABLESPACE "pe-rbac" LOCATION '/opt/puppetlabs/server/data/postgresql/rbac';
    CREATE USER "pe-rbac" PASSWORD 'password';
    CREATE DATABASE "pe-rbac" OWNER "pe-rbac" TABLESPACE "pe-rbac" ENCODING 'utf8' LC_CTYPE 'en_US.utf8' LC_COLLATE 'en_US.utf8' template template0;
    
  2. RBACデータベースでcitext拡張子を有効化する必要があります。 これを実行するには、postgresql-contribパッケージをインストールしてから、RBACデータベースの内部から以下のコマンドを実行します。

    sudo -u postgres sh
    psql pe_rbac -c 'create extension citext'
    exit
    
  3. PuppetDBおよびRBACデータベースにpgcrypto 拡張子をインストールします。 拡張子をインストールするには、以下のコマンドを実行します。

    sudo -u postgres sh
    psql puppetdb -c 'create extension pgcrypto'
    psql pe_rbac -c 'create extension pgcrypto'
    exit
    
  4. PuppetDBデータベース上でpg_trgm拡張子をインストールします。 お使いのディストリビューションによっては、この手順にpostgresql-contrib(またはそれに相当する)パッケージが必要となることがあります。 拡張子をインストールするには、以下のコマンドを実行します。

    sudo -u postgres sh
    psql puppetdb -c 'create extension pg_trgm'
    exit
    
  5. PostgreSQLのmax_connections設定を200に設定します。

PostgreSQLデータベース設定の詳細については、PostgreSQLドキュメントを参照してください。

Back to top