Puppet Enterprise 2017.2

このページには、PuppetおよびPuppet EnterpriseのUTF-8サポートにおける既知の問題をまとめます。

特定した問題のバグは、イシュートラッカーから報告できます。

PEコンソールのパスワードはASCIIであること

対応Webブラウザのログインパスワードフィールドには、非ASCII文字を入力できません。 pe.confファイルでは、非ASCIIのパスワードをコンソールの管理者パスワードに指定できますが、ブラウザでPEコンソールにログインする際にはこのパスワードを使用できません。

Puppet言語の一部の名前では、非ASCII文字がサポートされない

Puppetでは、以下のアイテムの名前にはASCII文字を使用する必要があります。

  • 環境名
  • 変数名
  • クラス名
  • リソース型名
  • モジュール名
  • パラメータ名
  • タグ名

詳細については、Puppet言語マニュアルを参照してください。

一部のオペレーティングシステムでは、リソースのいくつかの型に対して非ASCII名を使用できない

一部のオペレーティングシステムでは、特定のリソース型のtitlenamevarにASCII文字しか使用できません。 たとえば、RHELとCentOSのユーザおよびグループリソースのtitlenamevarには、ASCII文字しか使用できません。 ユーザリソース型の詳細については、リソースタイプリファレンスを参照してください。

非ASCIIファイル名をconcat断片で使用するとエラーが発生することがある

source属性が指定されている場合、source属性に設定されたファイル名に非ASCII文字が含まれていると、concat断片の使用時にエラーが発生します。

非ASCIIファイル名を使用すると、ファイルリソースでエラーが発生することがある

ファイルリソースで、source属性に設定したファイル名に非ASCII文字が含まれていると、エラーが発生します。

Rubyにより、path factとWindowsの環境変数が破損する

Rubyには、環境変数名と値の破損につながるバグがあります。 このバグは、一部のコードページの破損を引き起こします。

このバグによって、path factが破損状態としてキャッシュされます。

Back to top