Puppet Enterprise 2017.2

Puppet Enterpriseは、agentのみのプラットフォームとしてCumulus Linuxオペレーティングシステムをサポートしています。 この説明は、すでにCumulus Linuxをサポートするデバイスをインストールしており、さらにPuppet Enterpriseをインストールしていることを想定したものです。

Cumulus Linux Puppet agentをインストールするには、ネットワークデバイスのCumulusアカウントにアクセスできる必要があります。

インストールを始める前に、以下の情報も入手しておく必要があります。

  • Puppet masterサーバーのIPアドレスと完全修飾ドメイン名 (FQDN)
  • Cumulus LinuxをインストールするネットワークデバイスのFQDN

Cumulus Linux Puppet agentのインストール

  1. ネットワークスイッチでwget http://apt.puppetlabs.com/puppetlabs-release-pc1-cumulus.debを実行します。
  2. sudo dpkg -i puppetlabs-release-pc1-cumulus.debにより、agentパッケージをインストールします。
  3. sudo apt-get updateを実行します。
  4. sudo apt-get install puppet-agentにより、Puppet agentをインストールします。
  5. /etc/hostsを編集し、Puppet masterのIPアドレスとFQDN、デフォルトのDNSオルトネームのpuppetが含まれるようにします。
  6. sudo /opt/puppetlabs/bin/puppet agent -tにより、スイッチ上のPuppet agentを実行します。

    これにより、Puppet agentの証明書署名要求(CSR)が作成されます。この証明書には、Puppet masterから署名する必要があります。

  7. Puppet master上でPuppet agentのCSRに署名します。puppet cert sign <NETWORK DEVICE'S FQDN>を実行します。
  8. ネットワークデバイス上でsudo /opt/puppetlabs/bin/puppet agent -tによりPuppetを実行し、インストールを完了します。

    Puppet agentがカタログを取得し、全面的に機能するようになります。

次の手順:次は、ネットワーク上のポート、ライセンス、インタフェースの管理を始めます。 モジュールの使用を始めるための詳細については、Puppet ForgeのCumulus Linuxのページを参照してください。

Cumulus Linux Puppet agentのアンインストール

  1. sudo apt-get remove puppet-agent puppetlabs-release-pc1により、puppet agentとagentパッケージをアンインストールします。
  2. Puppet master上で、puppet cert clean <NETWORK DEVICE'S FQDN>によりPuppet agentの証明書を無効にします。

    これでagentの証明書が無効になり、Puppet master上の関連ファイルが削除されます。 これにより、Puppet agentを同じデバイスに再インストールする場合のSSLの衝突を防ぐことができます。

Back to top